債権の格付け



アイネの肌荒れ

格付けは、格付機関が金融機関や発行体について支払い能力などを評価するものです。
格付けは健全性を判断する1つの材料として役立ちます。
格付けの長所は、決算書などの財務資料を読みこなさなくても、容易に健全性が判断できることです。

格付けは健全性について、アルファベットなどわかりやすい記号で判定しています。
格付機関は、他には、日本格付研究所(JCR)、ムーディーズ・ジャパン(Moody's Japan)などがあります。

格付けの評価はあくまで格付け機関が1つの意見として述べているため、判定ではありません。
目安となる1つの材料として認識しておかなければなりません。
相談で、この格付けとは何かを尋ねられることがありますので、しっかりと覚えておきましょう。